国際勃起機能スコアIIEF-5



自己評価


スコア

IIEFとは、International Index of Erectile Function(国際勃起機能スコア)の略で、 ED(勃起障害/勃起不全)のスクリーニングやED治療の効果判定に使われています。 この問診票の合計点数が21点以下の患者さんでは、EDが疑われます。
IIEF5スコアで、気軽にEDのセルフチェックしてみましょう。
バイアグラレビトラシアリスのいずれのED治療薬は、 国際勃起機能スコアIIEF-5を有意に改善させます。

国際勃起機能スコアIIEF-5

勃起を維持する自信の程度はどれくらいありましたか?

  • 【1点】非常に低い
  • 【2点】低い
  • 【3点】普通
  • 【4点】高い
  • 【5点】非常に高い

性的刺激による勃起の場合、何回挿入可能な硬さになりましたか?

  • 【0点】性的刺激一度も無し
  • 【1点】全く無しまたはほとんど無し
  • 【2点】たまに(半分よりかなり下回る回数)
  • 【3点】時々(半分くらい)
  • 【4点】おおかた毎回(半分よりかなり上回る回数)
  • 【5点】毎回またはほぼ毎回

性交中、挿入後何回勃起を維持できましたか?

  • 【0点】性交の試み一度も無し
  • 【1点】全く無しまたはほとんど無し
  • 【2点】たまに(半分よりかなり下回る回数)
  • 【3点】時々(半分くらい)
  • 【4点】おおかた毎回(半分よりかなり上回る回数)
  • 【5点】毎回またはほぼ毎回

性交中に性交を終了するまで勃起を維持するのはどれくらい困難でしたか?

  • 【0点】性的刺激一度も無し
  • 【1点】ほとんど困難
  • 【2点】かなり困難
  • 【3点】困難
  • 【4点】やや困難
  • 【5点】困難でない

性交を試みた時に、何回満足できましたか?

  • 【0点】性交の試み一度も無し
  • 【1点】全く無しまたはほとんど無し
  • 【2点】たまに(半分よりかなり下回る回数)
  • 【3点】時々(半分くらい)
  • 【4点】おおかた毎回(半分よりかなり上回る回数)
  • 【5点】毎回またはほぼ毎回
【22〜25点】正常です。
【17〜21点】軽度EDです。
【12〜16点】中等〜軽度EDです。
【8〜11点】 中等度EDです。
【5〜7点】  重度EDです。

国際勃起機能スコアIIEF-5は、あくまで目安です。


硬度

模式図

「あなたは自分の勃起硬度をどのように評価しますか?」という質問に対して、
グレード0: 陰茎は大きくならない
グレード1: 陰茎は大きくなるが、硬くはない
グレード2: 陰茎は硬いが、挿入に十分なほどではない
グレード3: 陰茎は挿入には十分硬いが、完全には硬くはない
グレード4: 陰茎は完全に硬く、硬直している
上記のいずれかを回答します。
グレード0−2は明らかにEDです。
グレード3であっても満足な性交に支障があればED治療の対象となります。

* EHS … Erection Hardness Score

EHSは、1998年に開発され、勃起硬度を定量化する方法として、広く使用されています。 特にEHSは、自信、自己評価、性行為における満足度と、非常に相関しているとされています。
バイアグラレビトラシアリスのいずれのED治療薬は、
勃起硬度測定評価EHS(Erection Hardness Score)を有意に改善させます。
このEHSは、国際勃起機能スコアIIEFとも相関いたしています。


IIEF-5スコアによる男女の性満足感の評価について

ペニスを膣内へ挿入した性行為頻度とオーガズム(女性を含む)は、 心身共に健康であることを示す、一つの指標として認識されています。
これを得るには十分な勃起力が男性には必要とされます。
有る報告では、男性のEDは女性へも影響し、適切なED治療は、女性の性機能障害をも改善するとしています。

ED治療は、性交渉の満足感を向上するだけでなく、 その他の生活面での充実をもたらすことを他項でご紹介していますが、 最近の報告の中には、EDである事は、配偶者である女性の性的満足感を与えない以外にも、 日常の結婚生活に不満をもたらすとされています。
このことから、EDの指標は、単に勃起硬度、性的満足感に注目するのでなく、 仕事や日常生活の充実度、パートナーへの影響も考慮しなければなりません。

最も頻用されているEDのセルフチェックは、ここでも紹介しているIIEFスコアです。 5つの質問によって簡易化されたIIEF-5スコアもまた頻用され、 IIEFスコアと、良く相関するとされています。
治療前後のIIEF-5スコアは、男性の性満足感を非常によく表現していることが指摘されていますが、 先にも述べましたが、男性の性機能だけでなく、女性への影響も考慮すべきです。
ある報告では、男性の勃起不全指標であるIIEF-5と、女性性機能障害の指標であるFSFI(FemaleSexualFunctionIndex) と相関があるとしています。 十分な勃起の継続と膣内へ挿入してから射精に至るまでの所用時間は、 女性のオーガズムと関係しています。

女性による男性の勃起機能の評価スケールは開発されてはいますが、IIEFが、もっとも広く普及した、 性機能の評価スケールである事には変わりありません。
IIEFスコアによる男性自身の性機能評価と、同様にIIEFを用いた女性による評価は似通っており、 本ツールは、男女ともに共通した指標になり得るのではと考えられています。
また、女性の膣刺激によるオーガズムとIIEFスコアにも関連性が有るのではないかと、注目されております。
最近増加傾向にある、女性の性的絶頂の障害に対しても、膣刺激によるオーガズムを得ることは、 予防効果も有り、重要視されています。

女性に対しても、このIIEF-5スコアが有効であるか否かを研究した報告があります。 その報告では、男性に使用されるIIEF-5スコアの文章を、そのまま女性に使用し、 男性パートナーについて評価しています。
これに加え、性機能以外の満足度等を評価する為に、生活満足度スケール(LifeSatisfactionScale)を併用しています。
過去の報告にもあるように、性機能の満足感は性機能以外の様々な満足感と関連している事が示され、 これは、男女ともに共通であったことが示されています。
さらに、膣内で得られるオーガズムは、IIEF-5に相関しています。
女性に限れば、オーガズムを得ることは、性的、非性的な満足感を得る事と相関します。
男女ともに、膣内に陰茎を挿入した性交渉頻度は、性的満足感だけでなく、 パートナーとの間のリレーションシップに満足感を与えています。

このように、IIEF-5スコアは、男女ともに有効です。
男女から得られた結果は似通っております。
このことは、勃起機能に対する感じ方が、男性と女性と同一であることを示します。
男性の勃起機能は、女性の性満足感に直結します。
この報告は、イギリスからのものであり、日本人に直接当てはまるかわかりませんが、 世界的には、女性の満足感(男性もですが)は、膣内への陰茎を挿入した性交頻度とその質が関連していることは共通とされ、 よって、本邦女性にも当てはまると考えます。

ここで注目すべきは、IIEF-5スコアは、あらゆる満足感を反映している事です。
IIEF-5スコアは、男女ともに生活を充実させます。
このスコアを改善するには、膣内へペニスを挿入したセックスの頻度が重要であり、 ペニスの硬度が大切です。
女性を満足させたいのであれば、膣オーガズムが重要で、やはり、ペニスの硬度が大切になります。


国際勃起機能スコアIIEF-5はコチラ
勃起硬度測定評価EHS(Erection Hardness Score)日本語版はコチラ
バイアグラのご希望の方はコチラ
レビトラのご希望の方はコチラ
シアリスのご希望の方はコチラ