レビトラの効果を最大限引き出す使用法とタイミングと注意事項



オレンジ


服用法

レビトラの効果を100%引き出すには服用タイミングが重要

レビトラは、即効性があり、副作用が少なく、 当院でも人気のED治療薬です。
バイアグラに比較し有効率が高い事が人気の一つですが、やはり、そのポテンシャルを100%引き出すには、 レビトラの性質を把握し、ポイントを押さえた服用法が必要です。
単純に、セックスの前に服用して頂ければ、有る程度は聞いてしまうのですが、 お勧めは、セックスの20~30分前の服薬です。
バイアグラは、食事の影響を強く受ける薬剤でしたが、レビトラもバイアグラ程では有りませんが、 やはり食事の影響を考慮して服薬した方が無難です。
効果的にパワーを引き出すコツは、最高血中濃度への到達時間を考えつつ、食事の影響を少なくする事です。

セックスの20~30分前の服用がベター

レビトラの性質を理解し、それを踏まえた上での服用タイミングは、効果を最大限発揮させます。
勃起改善効果は、10mgでバイアグラ50mg相当とされています。
お身体への吸収が良いため、わずか15分程度で効果が発現される方もいます。 通常は、効果発現まで、約30分程度とお考え下さい。
血中濃度のピークは、バイエル薬品社の資料によると、服薬後45分~1時間前後とされています。
このピークに合わせた服薬こそが、効果的にパワーを引き出す第一歩になります。
前戯の時間にもよりますが、セックスの20~30分前のタイミングで服薬する事が、 最も効率の良い使用法いであります。
緊急時であれば、性行為の直前に服用するのでも効果が期待できますが、その場合は、 前戯時間を若干長めに取るのが良いかもしれません。

先に述べたように、レビトラの即効性は、緊急時に有用でも有ります。 空腹時で有れば、服薬15分後位から、勃起改善作用を発揮いたします。
例えばですが、思いがけず、彼女が突然会いたい、家を訪れた場合などが想定されます。
突然の機会であっても、男性としては、しっかりと対応する必要が有りますよね? 即効性が有るという事は、この様な不測の事態にも対応可能という事です。

レビトラの作用は、10mgで5時間、20mgで8~10時間程度継続します。
しかし、前半と後半では、その強さは異なります。
45分~1時間前後のピークが過ぎた後、徐々に強さは減弱します。
半減期は、10mgで3~4時間、20mgで5~6時間とされていることから、 その間は、十分な効果が期待できるとも言えます。
しかし、後半は、効き目が低下するため、有効に使用するには、服薬してから、あまり時間をおかないようにして下さい。
複数回の勃起効果を期待される場合は、薬剤の持続時間と半減期を考慮に入れて、服薬タイミングを決めてください。
一般的には、射精した後には、不応期と呼ばれる勃起しない時間帯が有ります。 ED治療薬を服用していても同様ですが、ED治療薬によって、この不応期が短縮するとされています。
その他、あくまでご本人様の性欲の増加に伴い勃起が得られるため、 一度のセックスで満足してしまい、性欲が高まらなければ、勃起はいたしません。

要点をまとめると、血中濃度を考慮した服用タイミングと、食事の影響を考慮する事です。 具体的には、45分~1時間前後にピークが有るため、 セックスの20~30分前に服薬するのが効果的と考えられます。(前戯によります) また、半減期(10mgで3~4時間、20mgで5~6時間程度)を考え、その間にセックスをするのが有効です。 効果持続時間が5~10時間とされていますが、後半は効果が低下いたしますので、油断しないようお願い申し上げます。

食事の影響を考慮する

また、食事に混ざることで吸収が低下し、効果が減弱する可能性があります。 その程度は、バイアグラに比べれば少なくなっておりますが、 やはり、食後すぐの服薬は避けた方が無難です。 食事の影響が出た場合は、効果が減弱したり、効果発現が遅延します。 空腹時の服用を心掛けることにより、レビトラの効果発現のタイミングとピークまでの時間を、 ご自身で把握し、コントロールすることが可能となります。
一般的には、セックスは夜されることが多いかと思います。 夕食後のタイミングになるかと思います。
その場合は、出来るだけ食事から時間を空けて頂下さい。 胃内容物を空になるまで時間を空け、その後、服薬するのが効果的です。 具体的には、食後2時間程度必要です。 勿論、この待機時間は、食事内容に左右されます。
脂質の多い食事との相性が良くありません。
しばしば見受ける失敗例を挙げます。
記念日等で、奥様とディナーへ出かけフランス料理やワイン等を食した場合、 夜に備えて体力を付けるべく肉料理を多く食した場合です。 このような場合は、より長い間隔を空けなければ、十分な効果が得られないかもしれません。
反対に、脂質が少ない和食などであれば、影響を受けなかったり、 食後1時間程度空けて頂ければ十分な場合もございます。

レビトラ20mgは、本邦で使用できる最強のED治療薬です。
勃起改善効果はバイアグラ100mgに匹敵し、持続時間は8~10時間です。 血中濃度のピークも幅広く、20mgの半減期は5~6時間です。 効果発現から半減期内であれば、十分な効果が期待できます。 このパワフルさを利用した服用法をご紹介いたします。
具体的には、食事の後、比較的早いタイミングで行為を行う場合は、 食前に服薬しておきます。
服薬後30分程度で経過すれば、吸収が良い薬剤の為、お体に大部分は吸収されていると考えられます。 一度、吸収させてしまえば、もう、食事の影響を考える必要はございません。

レビトラ20mgの血中半減期は、5~6時間です。 この間であれば、一般的には必要十分な勃起改善作用が得られるとされています。 効果発現後(お体に吸収させた後)であれば、食事を取って頂いても効果減弱致しませんので、 多少は、時間的に余裕を持つことが出来ます。
(服薬時間を気にするのが煩わしい方は、長時間型のシアリスを使用しましょう)

レビトラの特徴は、即効性と食事の影響の少なさ、副作用の少ないことです。 食事の影響が少ないとは言え、食直後の服用はおすすめ致しませんが、 ある程度時間を空けて服薬して頂ければ、バイアグラよりも安定した効果が得られます。
また、多少の食事の影響が予想され、効果が減弱するタイミングであっても、 それを見越して、強力なレビトラ20mgを使用するといったことも考えられます。
ただ、最高に効かせたい場合は、空腹時、行為の30分前後前もっての服用をお勧めします。

飲酒の影響を考えましょう

飲酒の影響は、吸収の問題と飲酒自体の問題と分けて考える必要が有ります。
レビトラは、飲酒によって吸収が抑制され、効果が低下する可能性が有ります。
それとともに、お酒とともに通常は食事、おつまみ等を摂られることがほとんどだと思います。 飲酒以上に吸収に悪影響を及ぼす可能性がございます。
また、アルコールは、感覚や神経を鈍化させるため、勃起が得られない事も多々ございます。 ED治療薬を使用すれば、使用していない場合と比べれば、勃起硬度が得られますが、 やはり、非飲酒時と比較し、その硬度は弱いことが多くなります。
程よく酔った状態は、気分を高揚させ、性欲が増加する場合もございますが、基本的には、 飲酒は、"ほどほど"にしてください。 "ほどほど"というあいまいな表現を使うのは、個人差が多い為です。
ご自身の適量をお考えください。
飲酒によって、副作用が増加する可能性がございます。
気分の優れない時は、服薬を控えてください。

一日20mgまで

服薬の間隔については、基本的には24時間空けて頂ければ、再度、服薬できるとされています。
同日に複数回セックスの機会が有る場合はどうすればよいのでしょうか?
この場合は、血中濃度と作用持続時間から考えて、少し応用を利かせます。
レビトラの副作用は、血中濃度に依存します。 20mgを一度に服薬するよりも、10mgを2度服用する方が、血中濃度のピークは低くなります。 このことから、レビトラ10mgであれば、1日2回までであれば、服薬可能とも考えられます。
ご自身で判断せず、主治医と相談ください。
(それ以上を望む場合は、長時間型のシアリスを使用ください。)

禁忌 : 以下に該当される方は、レビトラ錠の服用はできません。
  1. 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
  2. 硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤(ニトログリセリン,亜硝酸アミル,硝酸イソソルビド,ニコランジル等)を投与中の患者
  3. 心血管系障害を有するなど性行為が不適当と考えられる患者
  4. 先天性のQT延長患者(QT延長症候群),クラスIA(キニジン,プロカインアミド等) 又はクラスIII(アミオダロン,ソタロール等)の抗不整脈薬を投与中の患者
  5. 脳梗塞・脳出血や心筋梗塞の既往歴が最近6ヵ月以内にある患者
  6. 重度の肝障害のある患者
  7. 血液透析が必要な腎障害,低血圧(安静時収縮期血圧<90mmHg)又は 治療による管理がなされていない高血圧(安静時収縮期血圧>170mmHg又は安静時拡張期血圧> 100mmHg),不安定狭心症のある患者
  8. 抗HIV薬(リトナビル,インジナビル,アタザナビル,サキナビル,サキナビルメシル酸塩, ホスアンプレナビル,ロピナビル・リトナビル,ダルナビル,テラプレビル,コビシスタット)を投与中の患者
  9. ケトコナゾール,イトラコナゾールを投与中の患者
  10. 肺高血圧症治療薬(リオシグアト(アデムパス®)などの一部の薬剤)を投与中の患者
  11. 網膜色素変性症患者[網膜色素変性症の患者にはホスホジエステラーゼ(PDE)の遺伝的障害を持つ症例が少数認められる.]