レビトラの効果を最大限引き出す使用法とタイミングと注意事項



オレンジ


服用法

レビトラの効果を100%引き出すには服用タイミングが重要

レビトラは、即効性があり、副作用が少なく、 当院でも人気のED治療薬です。
バイアグラに比較し有効率が高い事が人気の一つですが、やはり、そのポテンシャルを100%引き出すには、 レビトラの性質を把握し、ポイントを押さえた服用法が必要です。
単純に、セックスの前に服用して頂ければ、有る程度は聞いてしまうのですが、 お勧めは、セックスの20~30分前の服薬です。
バイアグラは、食事の影響を強く受ける薬剤でしたが、レビトラもバイアグラ程では有りませんが、 やはり食事の影響を考慮して服薬した方が無難です。
効果的にパワーを引き出すコツは、最高血中濃度への到達時間を考えつつ、食事の影響を少なくする事です。

セックスの20~30分前の服用がベター

レビトラの性質を理解し、それを踏まえた上での服用タイミングは、効果を最大限発揮させます。
勃起改善効果は、10mgでバイアグラ50mg相当とされています。
お身体への吸収が良いため、わずか15分程度で効果が発現される方もいます。 通常は、効果発現まで、約30分程度とお考え下さい。
血中濃度のピークは、バイエル薬品社の資料によると、服薬後45分~1時間前後とされています。
このピークに合わせた服薬こそが、効果的にパワーを引き出す第一歩になります。
前戯の時間にもよりますが、セックスの20~30分前のタイミングで服薬する事が、 最も効率の良い使用法いであります。
緊急時であれば、性行為の直前に服用するのでも効果が期待できますが、その場合は、 前戯時間を若干長めに取るのが良いかもしれません。

先に述べたように、レビトラの即効性は、緊急時に有用でも有ります。 空腹時で有れば、服薬15分後位から、勃起改善作用を発揮いたします。
例えばですが、思いがけず、彼女が突然会いたい、家を訪れた場合などが想定されます。
突然の機会であっても、男性としては、しっかりと対応する必要が有りますよね? 即効性が有るという事は、この様な不測の事態にも対応可能という事です。

レビトラの作用は、10mgで5時間、20mgで8~10時間程度継続します。
しかし、前半と後半では、その強さは異なります。
45分~1時間前後のピークが過ぎた後、徐々に強さは減弱します。
半減期は、10mgで3~4時間、20mgで5~6時間とされていることから、 その間は、十分な効果が期待できるとも言えます。
しかし、後半は、効き目が低下するため、有効に使用するには、服薬してから、あまり時間をおかないようにして下さい。
複数回の勃起効果を期待される場合は、薬剤の持続時間と半減期を考慮に入れて、服薬タイミングを決めてください。
一般的には、射精した後には、不応期と呼ばれる勃起しない時間帯が有ります。 ED治療薬を服用していても同様ですが、ED治療薬によって、この不応期が短縮するとされています。
その他、あくまでご本人様の性欲の増加に伴い勃起が得られるため、 一度のセックスで満足してしまい、性欲が高まらなければ、勃起はいたしません。

要点をまとめると、血中濃度を考慮した服用タイミングと、食事の影響を考慮する事です。 具体的には、45分~1時間前後にピークが有るため、 セックスの20~30分前に服薬するのが効果的と考えられます。(前戯によります) また、半減期(10mgで3~4時間、20mgで5~6時間程度)を考え、その間にセックスをするのが有効です。 効果持続時間が5~10時間とされていますが、後半は効果が低下いたしますので、油断しないようお願い申し上げます。

空腹時の服用が重要

また、バイアグラに比較すれば、食事の影響は少なくなっておりますが、やはり、 食事の影響がゼロでは有りません。 食事によって吸収が阻害されるため、効果が減弱したり、効果発現まで時間を要すようになるため、 空腹時の服薬が効果的です。
日本人は、性行為を夜間、つまり、夕食後に営む事が多いとされます。
服薬が、夕食後のタイミングになる場合は、可能な限り時間を空けて頂き、服薬するのが、有効な使用法です。 食事の内容にも因りますが、出来れば2時間程度間隔をあけて頂ければと思います。
脂質の多い食事との相性が良くありません。
間違った使用例を挙げます。
夜頑張る必要があり、スタミナを付けるようと、奥様が御馳走を作ってしまった場合や、 焼肉等脂質の多い食事を鱈腹食べてしまった場合、この場合は、 食後2時間程度間隔を開けたぐらいでは、十分でないかもしれません。
逆に、和食など、脂質が少ない食事であれば、影響を考えないで済んだり、 1時間程度待って頂くだけで、良いと考えます。
レビトラ10mgも20mgも、同様です。

レビトラ20mgは、バイアグラ100mg相当の薬剤です。
勃起力もさることながら、その効果持続時間は、8時間から10時間に及びます。 血中濃度のピークも、幅広いものとなります。 先に述べたように20mgの半減期は、5~6時間ございます。 半減期内であれば、しっかりとした効果が期待できます。 その為、少々であれば、前もっての服薬も可能となります。
具体的に説明いたしますと、食事の予定があれば、前もっての、 食前のタイミングで服薬することも可能です。
体内への吸収が良いため、服薬して30分程度待って頂ければ、薬剤はお体へ吸収されます。 お体へ吸収された後であれば、食事の影響はございません。

個人差はございますが、効果発現してから、およそ5時間程度は、 しっかりとした効果が得られる事が多いとされます。 これは、レビトラ20mgの血中半減期が5~6時間とすることに由来します。 効果発現してから5時間内であれば、その間に食事をとり、性行為をするといったことも可能です。
(より前もって服用したい場合は、長時間型のシアリスをお勧めします)

レビトラは吸収が良く、即効性が有る薬剤でもあります。 吸収が良いことは、食事の影響を受けにくいことに繋がります。 満腹時の意服用は、流石におすすめ致しませんが、食事後に使用するタイミングが多い方にも、 良いと考えられます。
また、必然的に食後に使用することが多いのであれば、吸収が有る程度阻害され、効果が減弱する事を見越して、 強いレビトラ20mgを服薬してしまうといった方法もございます。

お酒の飲みすぎに注意

アルコールに関しては、まず、吸収の問題、それとアルコール自身の問題を考える必要がございます。
食事と同様、アルコールもレビトラの吸収を阻害する可能性がございます。
しかし、アルコールとともにとられた食物が、アルコール以上に吸収に影響を及ぼすことが多々ございます。
から揚げや揚げ物などが代表的です。
アルコールと共に、おつまみなど食事にも注意ください。
やはり、基本的には、アルコールは控えた方が良いのですが、 アルコールにより緊張が解ける、性欲が増加するとする方もいらっしゃいます。
程よい飲酒は、EDを改善する可能性もあります。 過度の飲酒は、神経が麻痺することから、勃起改善作用を得難くなり、また、副作用を増加させますので、 注意が必要です。

服薬回数について

服薬の間隔について、しばしば質問を受けます。
基本的には、一回使用した後、24時間開けて頂ければ、再度、使用することが可能となります。
一日一錠と考えて頂ければ良いのですが、レビトラ10mgの場合では、もう少し応用が可能です。
レビトラ20mg錠が存在することは、一日の使用最高量が20mgと考える事ができます。
つまり、10mgであれば、一日二回まで服用(トータルで20mg)が出来るとも捉えることが出来ます。 一度に20mgを服用するよりも、分割した方が最高血中濃度が低いことは、容易に想像できます。
但し、この使用法は、イレギュラーな方法です。 医師と相談した上、判断してください。

禁忌 : 以下に該当される方は、レビトラ錠の服用はできません。
  1. 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
  2. 硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤(ニトログリセリン,亜硝酸アミル,硝酸イソソルビド,ニコランジル等)を投与中の患者
  3. 心血管系障害を有するなど性行為が不適当と考えられる患者
  4. 先天性のQT延長患者(QT延長症候群),クラスIA(キニジン,プロカインアミド等) 又はクラスIII(アミオダロン,ソタロール等)の抗不整脈薬を投与中の患者
  5. 脳梗塞・脳出血や心筋梗塞の既往歴が最近6ヵ月以内にある患者
  6. 重度の肝障害のある患者
  7. 血液透析が必要な腎障害,低血圧(安静時収縮期血圧<90mmHg)又は 治療による管理がなされていない高血圧(安静時収縮期血圧>170mmHg又は安静時拡張期血圧> 100mmHg),不安定狭心症のある患者
  8. 抗HIV薬(リトナビル,インジナビル,アタザナビル,サキナビル,サキナビルメシル酸塩, ホスアンプレナビル,ロピナビル・リトナビル,ダルナビル,テラプレビル,コビシスタット)を投与中の患者
  9. ケトコナゾール,イトラコナゾールを投与中の患者
  10. 肺高血圧症治療薬(リオシグアト(アデムパス®)などの一部の薬剤)を投与中の患者
  11. 網膜色素変性症患者[網膜色素変性症の患者にはホスホジエステラーゼ(PDE)の遺伝的障害を持つ症例が少数認められる.]