レビトラの効果を最大限引き出す使用法とタイミングと注意事項



オレンジ


服用法

レビトラ服用のコツ | 効果的な使用法 | タイミング

レビトラの効果を最大限引き出すには、 その特性を理解し、使用する事が求められます。
もちろん、優秀な完成度の高い薬剤ですので、あまり考えずに使用して頂いても、十分な効果が得られますが、 そのパワーを100%引き出すには、やはり、若干のコツが要します。
要点は、血中濃度のピークを考慮した服薬のタイミングと、食事の影響です。

性行為の20~30分前に服用しましょう

タイミングタイミングとしては、性行為の30分前に服用するのが一般的で効果的な使用法です。
その理由は、血中濃度のピークが、服薬45分~1時間前後にあるからです。
つまり、性行為を始め、前戯からペニスを膣に挿入する、このタイミングと、 血中濃度のピークを一致させるように服薬するのがベストな使用法です。

前戯が長い方は、性行為の直前のタイミングで服薬してもよいかもしれません。
効果発現までの時間、血中濃度のピーク到達時間には、個人差がございますが、 即効性があるため、服用後15〜20分程度で効果が発現します。 即効性が有るということは、シチュエーションにもよりますが、セックスの直前に服薬すれば良い事を意味します。 突然の彼女の来訪や、機会が生じた場合にも対応できます。 雰囲気が盛り上がり、ED治療薬を服用しセックスを始めても、効果発現に時間を要し、 十分な勃起が得られるまで待つことになっては、せっかくの雰囲気も台無しになってしまいます。
他のED治療薬が、効果発現までに1時間程度要しますが、即効性がレビトラの特徴の一つであり、 このようなシチュエーションにも対応できます。

レビトラ10mg錠で5時間程度、20mg錠で8〜10時間程度、効果が持続しますが、 先に述べたように、そのピークは前半に存在致します。
半減期は、10mgで3~4時間、20mgで5~6時間程度です。
この間であれば、しっかりとした効果が期待できるとも言えるため、タイミングを逃さないようにして下さい。
この効果発現時間内に、ご本人様の性欲が高まった場合、その回数に応じ、 勃起改善作用効果が出現します。
半減期で判断すると、レビトラ10mgがバイアグラ50mg相当、 20mgがバイアグラ100mg相当であることが判断できます。
注;レビトラは、性欲の高まりがない場合は、勃起効果は出現しません

まとめると、薬剤の効果持続時間は、およそ5〜10時間程度(mg数で変わります)ですが、 血中濃度のピークは、服薬45分~1時間後前後です。
このタイミングに合わせて、服薬時間を逆算するのが、もっとも効果的な使用法になります。
具体的には、セックスの20~30分前がベターです。
それが、レビトラの最も効果的なパワーを100%引き出す服用法です。

できるだけ空腹時に服用しましょう

レビトラは、バイアグラと比較し、 食事による影響が低減されておりますが、やはり食事により体内への吸収が阻害されます。 つまり、空腹時に服用する事を心がけておくことが効果的です。 一般的な和食やうどん、蕎麦など、油分の少ない食事や軽食であれば影響を受けることも少なく、 気にせず、ご自身のタイミングで使用して頂いて構いませんが、 油分の多い食事を取った後は、非常に吸収が悪くなるため、 効果が減弱したり、効果発現が遅れ、性行為のタイミングに合わせる事が出来ない等の、問題が生じます。
油分の多い食事を摂取した後であれば、可能なだけ時間を空けて、使用するよう心掛けてください。 特別な記念日でフランス料理などを食べたり、スタミナを付けるために焼肉を食べた、 奥様が腕によりをかけて作った夕食を食べた等の後は、間違ったタイミングでの使用例になります。 あくまで、バイアグラと比較した場合に食事の影響が少ないのでであって、 食事の影響は少ないのですが、脂質の多い食事には注意が必要です。 食事の影響は存在致しますので、この点を間違えないよう、注意をお願いします。
また、レビトラ20mgに関しては、半減期5~6時間程度であり、この間は比較的有効である為、 食事のタイミングに前もって服薬することも可能です。 具体的に言うと、食前に服薬して頂き、30分程度、お体に吸収する時間を設けてください。 その後に食事を取って頂ければ、影響を最低限にすることが出来ます。 ただし、服薬後、あまり時間を空けないよう注意してください。 レビトラ10mgに関しては、作用持続時間、半減期の関係から、前もっての服薬は、あまりお勧めいたしません。 より前もっての服用をご希望の場合は、シアリスの選択をお勧めいたします。

  • 食後に服用する場合
    軽食であれば食後2時間程度あけてからの服用が効果的で、お薦めします。
    油分の多い食事の場合、勃起改善効果を得るために、可能な限り時間をあけてからの服用をお薦めします。
  • 食前に服用する場合 食前30分前の服用が効果的です。
    (服薬後30分程度で、お薬の大部分は体内へ吸収されます。) 但し、食前の服用は、作用持続時間、半減期からレビトラ20mgをお勧めします。

注:バイエル薬品資料にも、脂質が30%を超える食事をとった場合、 食事により体内への吸収が阻害され、効果が低減する、との記載があります。
一般的な和食であればこの範囲に収まります。
注:効果発現時間内で、うまくタイミングを作ってください。
最も効果の期待できるのは、服薬45分~1時間前後です。

お酒の飲みすぎに注意

アルコールに関しては、まず、吸収の問題、それとアルコール自身の問題を考える必要がございます。
食事と同様、アルコールもレビトラの吸収を阻害する可能性がございます。
しかし、アルコールとともにとられた食物が、アルコール以上に吸収に影響を及ぼすことが多々ございます。
から揚げや揚げ物などが代表的です。
アルコールと共に、おつまみなど食事にも注意ください。
やはり、基本的には、アルコールは控えた方が良いのですが、 アルコールにより緊張が解ける、性欲が増加するとする方もいらっしゃいます。
程よい飲酒は、EDを改善する可能性もあります。 過度の飲酒は、神経が麻痺することから、勃起改善作用を得難くなり、また、副作用を増加させますので、 注意が必要です。

服薬回数について

服薬の間隔について、しばしば質問を受けます。
基本的には、一回使用した後、24時間開けて頂ければ、再度、使用することが可能となります。
一日一錠と考えて頂ければ良いのですが、レビトラ10mgの場合では、もう少し応用が可能です。
レビトラ20mg錠が存在することは、一日の使用最高量が20mgと考える事ができます。
つまり、10mgであれば、一日二回まで服用(トータルで20mg)が出来るとも捉えることが出来ます。 一度に20mgを服用するよりも、分割した方が最高血中濃度が低いことは、容易に想像できます。
但し、この使用法は、イレギュラーな方法です。 医師と相談した上、判断してください。

禁忌 : 以下に該当される方は、レビトラ錠の服用はできません。
  1. 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
  2. 硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤(ニトログリセリン,亜硝酸アミル,硝酸イソソルビド,ニコランジル等)を投与中の患者
  3. 心血管系障害を有するなど性行為が不適当と考えられる患者
  4. 先天性のQT延長患者(QT延長症候群),クラスIA(キニジン,プロカインアミド等) 又はクラスIII(アミオダロン,ソタロール等)の抗不整脈薬を投与中の患者
  5. 脳梗塞・脳出血や心筋梗塞の既往歴が最近6ヵ月以内にある患者
  6. 重度の肝障害のある患者
  7. 血液透析が必要な腎障害,低血圧(安静時収縮期血圧<90mmHg)又は 治療による管理がなされていない高血圧(安静時収縮期血圧>170mmHg又は安静時拡張期血圧> 100mmHg),不安定狭心症のある患者
  8. 抗HIV薬(リトナビル,インジナビル,アタザナビル,サキナビル,サキナビルメシル酸塩, ホスアンプレナビル,ロピナビル・リトナビル,ダルナビル,テラプレビル,コビシスタット)を投与中の患者
  9. ケトコナゾール,イトラコナゾールを投与中の患者
  10. 肺高血圧症治療薬(リオシグアト(アデムパス®)などの一部の薬剤)を投与中の患者
  11. 網膜色素変性症患者[網膜色素変性症の患者にはホスホジエステラーゼ(PDE)の遺伝的障害を持つ症例が少数認められる.]