正規品バイアグラ錠の池袋での販売。医師による正しい処方,治療法で勃起不全治を改善しましょう。


ジェネリックバイアグラ好評です!

《厳重注意!》

本邦で未認可の輸入ED治療薬を、処方する医療機関が存在します。
最近、特に、”このED治療薬が本物かどうか調べてほしいとする”問い合わせが殺到しています。
偽造品による死亡例もあり、正規品を服用しましょう。
バイアグラをご希望の方は、 ファイザー(バイアグラの販売元)が運用している ED-info.net で、信用できる医療機関か、是非、ご確認下さい。
ファイザー

偽造品鑑別

ED治療の定番薬。まずは、実績のあるファイザー社純正バイアグラ錠で勃起不全の治療をはじめてはいかがでしょう。 通信販売でのお薬の購入は、偽造品がおよそ6割程度含まれています。安全な正規品は池袋スカイクリニック(東京)へ。

池袋スカイクリニック
男性専門
実績

【正規品バイアグラ錠Viagraの処方】

ED治療薬として最も知名度の高いのは、このバイアグラ錠Viagraです。 その圧倒的な効果により、革命を引き起こしました。 勃起不全治療薬の中で実績No.1です。 レビトラ、シアリスと新規の薬剤が市販されておりますが、根強い人気を維持しております。

【バイアグラODフィルム】

2016年10月、ファイザー社より、バイアグラの剤形を変更した、「ODフィルム」が市販されるとのニュースが入ってきました。
このODフィルムですが、形状はもちろんフィルム状で、水なしでも服用可能な口腔内崩壊タイプ(OD)となります。
フィルム状にすることにより、携帯性の向上(かさばらない)が期待されます。 いままで、鞄の中に忍ばせておいた薬剤、いざ使おうと思ったら、なかなか見つけることができなかったなどの、経験を持つ方もいると思われます。 ごく薄いフィルムのため、お財布などに入れて、しまっておくことが可能となります。
また、服用に際して飲料が必要と無いため、外出時などの利便性の向上が期待されます。
しかも、安心と実績の本家ファイザー社製になります。
当院においても、取り扱いを開始しています。費用は、従来の錠剤と同様です。

【ジェネリックバイアグラ】

2014年、本邦においてもジェネリックバイアグラが市販され、効果は同等ながら、価格が低下しております。 レビトラやシアリスなど、他のED薬と比較して、やや副作用が多く、食事の影響が強くはなりますが、価格にメリットが有る為、まず試していただき、デメリットが許容できるかどうか判断するのも良いと思われます。
池袋スカイクリニックでは、バイアグラご希望のほとんどの方が、ジェネリックを選択しております。 全国的にも、同様の傾向にあります。
厚労省が認可し、国内で正規に流通しているジェネリックは、品質に優れており、ファイザー社バイアグラと比較して、優劣が付けられません。
これに反し、海外製のジェネリックは、製造国やメーカー、ロットによる品質のバラつきが認められ、安定した効果が得られない場合もございます。
ちなみに、レビトラ、シアリスは、国際特許が残存するため、正規に流通するジェネリックは存在しません。

バイアグラ
正規品バイアグラ(25mg)
     (50mg)
ジェネリック(25mg)
     (50mg)
料金価格表

【正規品バイアグラ錠は安全です】

バイアグラの市販当初は、心臓突然死の原因薬剤との嫌疑をかけられ、 しばしばニュースなどで、報道されました。 現在では、バイアグラには重篤な副作用はなく、安全性は確認されており、全世界で広く使用、服用されております。
国内に正規に流通しているジェネリック・バイアグラも同様です。
しかし、非正規に輸入されたもの、海外製の質の悪いジェネリックは、全くの別物とお考え下さい。

【まずはご相談を】

池袋スカイクリニック(東京)では、バイアグラ含む全てのED治療薬を処方・購入する際、診察料は頂いておりません。 患者様は、お薬代以外のご負担はありません。診察、ご相談は無料となっております。お薬の処方を受けず、帰宅することも可能です。 もちろんこの場合も、ご相談無料(0円)で承っております。
心臓病で治療中やその治療薬を服用している方を除き、一般的な健康状態の方であれば、すぐバイアグラを院内でお渡しできます。 血圧がやや高い、糖尿病がある、などであっても、服用に問題がないことがほとんどです。まずは、ご相談下さい。
常用薬がある方は、併用禁忌薬で確認してみてください。

【1錠から、お試しできます】

池袋スカイクリニック(東京)では、正規品ED薬を1錠単位で購入・販売しております。まずは、お試し下さい。 当院で扱う、バイアグラ25mg錠、50mg錠は、 ファイザー社製の国内正規品です。ご安心して服用することができます。
本邦では、ファイザー社純正100mg錠は認可されておりません。ジェネリックも同様です。

ジェネリックバイアグラは、現在、武田テバファーマ製と東和薬品製の2種の取り扱いとなっております。 国内で正規に流通しているジェネリックバイアグラは、いずれも品質が高く、優劣がございませんが、本邦未認可の海外製ジェネリックは、この限りではありません。 不要な薬害を避けるためにも、正規に流通している薬剤の使用をお勧めいたします。

【プライバシー厳守!男性スタッフが対応しますので安心です】

ご来院に抵抗があるとは思いますが、池袋スカイクリニック(東京)には、一日何十人もの患者様が来院いたしております。 2009年に開院して以来、延べ15万人以上のED患者様を治療しております。 プライバシー保護にも十分に配慮しており、皆様に、信頼していただいた結果だと思っております。 ドクター・事務スタッフは、すべて男性で、恥ずかしがることなくご相談できます。 また、バイアグラは院内処方を採用しており、無用な他者との接触を回避することができます。
もちろん、購入やED治療に関するダイレクトメールやご自宅への連絡等も行いません。

【保健証は不要です】

勃起不全治療は、保険適応がございません。 よって、処方・購入の際、保険証の提示は必要ございません。
池袋スカイクリニックのホームページやブログで、服用法と注意事項詳細な副作用Q&Aなど、 情報を提供いたしております。 ご来院前に、参考にしていただければ幸いです。 もちろん、お電話でも勃起に関するご相談も承っております。
東京や池袋へお越しの際は、是非、ご相談ください。
ご来院、お待ちしております。


当院で取り扱うバイアグラ及びシルデナフィル(ジェネリック バイアグラ)

(写真をクリックすることで拡大して見ることが可能です。)

バイアグラ ファイザー社

バイアグラ50mg製剤箱 バイアグラ50mgPTPシート バイアグラ25mg製剤箱 バイアグラ25mgPTPシート バイアグラ50mgODフィルム製剤箱 バイアグラ50mgODフィルム

シルデナフィル(ジェネリック バイアグラ) 武田テバファーマ, 東和薬品

シルデナフィル50mg「武田テバ」製剤箱 シルデナフィル「武田テバ」50mgPTPシート シルデナフィル25mg「武田テバ」製剤箱 シルデナフィル「武田テバ」25mgPTPシート シルデナフィルOD50mg「東和」製剤箱 シルデナフィル50ODmg「東和」PTPシート

偽造品鑑別

早漏治療と併用可能です。
診察料、処方箋料は無料です。お薬代のみ(1錠860円)の負担となります。
⇒ 早漏症


★新宿ライフクリニック★

池袋スカイクリニックは、『新宿ライフクリニック』と提携をしております。
池袋へ通院が困難な方は、新宿駅南口の新宿ライフクリニックのご紹介が可能です。
ご希望の方は、気軽にご相談ください。
池袋スカイクリニック同様、ED治療のご相談ができます。


【副作用】
残念ながら、バイアグラは、レビトラ、シアリスと比較し、副作用の多めのED治療薬です。
国内臨床試験データでは、およそ4割の方に副作用が認められています(実際には、もっと多い印象です)。
主な副作用は”ほてり”、”顔の紅潮”、”鼻づまり”です。特に”ほてり”は、かなりの頻度に及びます。
皆さま、ある程度の副作用は多めに見ていただいて服用していただいております。 その他、動悸、頭痛、消化不良、羞明(物が青く見えるなど)、筋肉痛、めまいなどが挙げられています。
当然ですが、致死的な副作用はございません。いずれの副作用も一時的なものであり、効果がなくなるとともに、副作用も軽減、消失することがほとんどで、後遺症が残ることは、まずございません。 ED治療薬との因果関係は不明ではありますが、NAION、突発性難聴の報告もございます。 副作用を一覧としおります。詳しくは、コチラ詳細な副作用をご覧ください。


偽物をつかませれないようにするために
ED治療薬の偽物が、非常に多く流通しており、インターネットなど通販で購入できるものの6割程度が偽物であると言われております。 多くの方が、偽物バイアグラを購入し、被害にあわれておりますが、扱っている薬剤が薬剤だけに、プライバシーの問題もあり、なかなか表面化しておりません。 時折報道されるものは、氷山の一角にすぎないと考えてください。

ED治療薬は、医師の処方箋がないと購入できません。医師のいる診療所なり病院に行かなければ、入手できません。 つまりは、一般の薬局での販売はもちろん、通販サイトなどで、処方、購入できません。 通信販売は、何らかの”危険”があることを、理解してください。

実際に、毎年のように偽造品販売業者や製造業者が摘発され、多くの方が健康被害を訴えておられます。このような摘発や健康被害は、後を絶ちません。 1999年に市販されてされて以来、何例の事例があったか想像できません。新聞やニュースで取り上げられたりもしますが、あまりにも数が多いので、全て報道されているわけではないと思ってください。

本邦においては、東和薬品から、正式なジェネリック医薬品として、初めて市販されております。 主成分であるシルデナフィルの国際特許の有効期限に至ったため、晴れて市販可能となりました。 しかし、ジェネリックとしてインターネットなどで販売れているものは、コピー品または、偽物がほとんどです。 コピー品には、品質の保証がないばかりか、お体に害を与える成分(主成分であるシルデナフィル以外)が検出されたりと、健康被害を訴える方もいらっしゃいます。
本家ファイザー社製バイアグラも正式なジェネリックも、医療機関で医師の診察を受けて初めて処方可能となります。 正規のルートで、安心安全なED薬の処方をしていだだきましょう。

実のことを申しますと、輸入した低品質のED治療薬を処方する悪質な医療機関が存在しております。 厚労省が正式に認可したものではなく、副作用が過度に出現したり、効果が得られないケースも見受けられております。 医療機関が、このような不誠実な対応をすることが信じられない方もいらっしゃると思いますが、残念ながら事実です。 現在の法律は、医師の良心の存在が前提で制定されておりますので、このような例であっても、規制できておりません。

当院では、もちろん正規流通品しか取り扱っておりません。 安心安全のED治療を、ご提供いたします。
国産ジェネリック バイアグラが販売されたため、当院での取り扱いも開始しております。

バイアグラ錠の処方・販売購入における注意事項一覧
注1: バイアグラ100mg錠は、国内正規品ではございません。
そのため、当院では処方できません。
注2: 輸入品(平行輸入)の扱いはございません。
注3: 2014年5月、国産ジェネリック バイアグラが市販されております。
注4: 通信販売は行っておりません。
注5: ネット通販などで購入されたものは、偽造品である可能性が高いです。
治療効果がないばかりか、お体に悪影響を及ぼす可能性もございます。
信頼のおける医師にご相談下さい。
注6: バイヤグラではありません。